公開履歴
薬を飲んでいる老人

男性に深刻な薄毛症状をもたらす要因には様々な可能性が考えられますが、その一翼を担う存在として注目を集めているのがAGAという病気です。
この症状はまず男性ホルモンが体内を巡る中で頭皮付近に位置する特殊な酵素5αリダクターゼという物質と反応してDHTを分泌します。
そしれ毛乳頭の感知機能がこのDHTの存在を察知すると途端に栄養分の吸収をストップさせ、そのまま毛母細胞の細胞分裂が鈍化していくことで頭髪の成長サイクルが乱れてしまうのです。
病院などで治療できるこのAGAですが、一般的にはプロペシアやフィンペシアなどの飲み薬とミノキシジルを配合した付け薬の処方によって、これらを使用し続けると半年から1年ほどで頭髪に何らかの変化が見られることが期待できます。
プロペシアは脱毛の進行を遅らせることができるので、毎日服用して現状をキープされるとよろしいです。
しかし、プロペシアは病院で処方されると高額になってしまうので、通販でプロペシアをまとめ買いして服用されることをおすすめします。
ただし、通販でプロペシアを購入した場合には、副作用が出ても自己責任となりますので、その点を理解してから購入してください。
また最近では医学の進歩に伴って最新の治療法も数多く現れています。
例えば成長因子や栄養分を含んだ液体を頭皮に注射して頭髪をめぐる環境を大きく変化させていく施術もあります。
また、最近注目を集める再生医療を駆使した施術として肝細胞によって毛母細胞を復活させてこれを頭皮に戻すことで再びこれらが健康的に育っていくのを促すという方法もあります。
さらに医療機関では自毛植毛も人気を集めています。
人工毛だと1、2年おきにメンテナンスが必要となりますが、自毛の場合には毛包から丁寧に採取して植え込みますのでこれが新たな土壌にて順調に成長していくと一生ものの頭髪として育つ可能性も出てきます。
このようにしてAGAの症状を改善して頭髪の成長サイクルを正常化させつつ、失われた頭髪を復活させるために細胞や毛根レベルで様々な試みを行うことで、ただ成長するのを待つだけでじゃなく攻めの姿勢にて頭髪を活性化を促すことが可能となるのです。

記事一覧

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、20代から30代くらいの比較的若い年代から発症し、徐々に薄毛が進行し...

鏡を見ながら髪を梳かしている男性

ミレットは髪を作り出すための栄養素をたくさん含んでいます。 AGAに対して、飲む育毛剤として最近注目...

頭に触っている男性

男性にとって20代なかばから30代にかけて次第に気になり始めるのが頭髪の薄毛です。 その原因には様々...

禿頭の男性

薄毛になる人の多くはAGAによるものであるといわれていますが、最近ではAGA専門のクリニックなどがで...

髪を気にしている男性

薄毛の症状の多くはAGAによるものであると考えられています。 しかし、最近では、AGA治療を受けるこ...