• ホーム
  • M字タイプ薄毛はAGAの可能性が高いので病院で治療

M字タイプ薄毛はAGAの可能性が高いので病院で治療

頭に触っている男性

男性にとって20代なかばから30代にかけて次第に気になり始めるのが頭髪の薄毛です。
その原因には様々な可能性が考えられ、例えば頭皮に大量の皮脂分泌が生じて毛穴詰まりが起こると抜け毛が悪化して薄毛へと発展する傾向にありますし、生活習慣の中でも食生活や睡眠不足、ストレスの増加、運動不足などによって血行悪化などが引き起こされて薄毛へと繋がっていくことがあります。
そしてこれらと一線を画す存在として注目を集めるのがAGAという病気です。

AGAは男性ホルモンと頭皮にある5αリダクターゼという特殊な酵素が反応し、ここで生じるDHTという物質が頭髪の成長サイクルを乱して抜け毛を促進してしまうメカニズムを持っています。
これを発症すると男性ホルモンの影響の出やすい額の両サイドが薄くなり、ちょうどアルファベットのM字を描くような形状となってしまいます。
このM字が生じた場合にはAGAの可能性が強いと考えて良いでしょう。

このようにAGAを発症すると自己ケアだけでは治療することができません。
病院機関を受診してまずは遺伝子検査や血液検査でAGAの発症を確かめた上で、飲み薬や塗り薬の処方を受けると効果的です。
特にプロペシアという錠剤は5αリダクターゼの働きを抑制してDHTの分泌を抑えるので頭髪の成長サイクルを正常化へと導いてくれます。
さらにミノキシジルを配合した塗り薬を頭皮に塗布すると毛細血管が拡張されて栄養分の補給も増加するので、栄養不足の頭髪がしっかりと元気を取り戻すことにつながっていきます。
これらの病院での治療によってAGAの症状が改善されることによって頭髪も健康を取り戻し、M字を織りなしていた部分にも次第にうっすらとした新たな頭髪が実っていくことでしょう。

関連記事
人気記事一覧