最新のAGA治療の費用

禿頭の男性

薄毛になる人の多くはAGAによるものであるといわれていますが、最近ではAGA専門のクリニックなどができてきていて、誰でも気軽に治療を受けることができるようになりました。
主な治療内容としては、AGA治療薬を服用したり、育毛剤を使用したりといった治療法が基本となりますが、最近では、髪の毛の成長を促す成分を直接頭皮に注射したりするといった治療法などもあります。
こういったAGA治療においては、ある程度長期的に行う必要があります。
特に薬による治療においては、効果を実感することができるようになるまでに、個人差がありますが、半年以上かかることもあります。
また、通院は継続して行われることになるので、治療にかかる費用が問題となってくる可能性があります。
また、AGA治療は基本的に保険適用外ですから、治療にかかる費用は全額自己負担ということになります。
では、最新のAGA治療の費用はどのくらいなのかというと、まず、薬にかかる費用としては、1か月7000円から10000万円くらいが相場となっています。
もし、発毛注射による治療を受けた場合は、一回に30000円から40000円の費用がかかります。
しかし、薬による治療については、AGA治療薬のジェネリック薬を処方してもらうことによって、治療費を抑えることができます。
ジェネリック医薬品は、通常の薬と成分はほとんど同様でありながら、値段が通常の薬の半額くらいの値段となっているので、治療費を大幅に下げることができます。
長期間が1年、2年となることが多いので、毎月の薬の費用が安くなると、相当な費用負担の軽減につながるということになります。
もし、これからAGAの治療で通院を考えているのであれば、ジェネリック医薬品を処方しているのかどうかも調べてみると良いでしょう。ジェネリック医薬品を使うならアボダートのジェネリックであるデュタスを使ってみることをお勧めします。
プロペシアを使っても効果がいまいち現れなかったという人はデュタスを使うと効果が出てくることもありますので諦めずに試してみることが大切です。
デュタスの効果は他のAGA治療薬と比べても強い効果があると言われています。
また、ジェネリック医薬品なだけあって、費用も比較的安く抑えられますので継続使用が必要なAGA治療では非常に経済的です。
しかし、長く使用しつづけていると、耐性ができてしまうため、効果が薄れてきてしまいますのでその時は、他のAGA治療薬とローテーションで使ってみるなど工夫していくと良いでしょう。

関連記事
人気記事一覧